Return to Ommadawn

今度はヒーリングの大御所、突如現れたマイクオールドフィールドのニューアルバムはオマドーンの続編です。続編と言われても前作が完結してるんかどうかわかりませんし、確かアマロックがオマドーン2と言われてた気がしたのですが、アマロックは世間での好評価にもかかわらず、ヲジサンは、なんじゃこれだったんですね。

続きを読む

フューチャー・プリミティヴ

Oonagh - Eldamarドイツのポップスらしいです。電子音楽による未来志向が一段落しそれが日常になってしまうと、プログレな耳はプリミティヴな方向に向かうのでしょう。

続きを読む

終焉

Musicians We Lost - 27 Who Died In 2016: Songs Rememberedデッド・オア・アライブのピート・バーンズとEWFのモーリス・ホワイトは気が付きませんでした。ボビーヴィーやレナード・コーエンやポール・カントナーやレオン・ラッセルなんか超有名なのに、まったく知りませんでしたね。クリス・スクワイアはもう一昨年で、富田勲より前だったんですね。ジョージ・マ…

続きを読む

暗い味わい

The Carpenters - Someday [1969]今頃ですが、カーペンターズの1stアルバムです。初期の作品には、地味ながらプログレ、シンフォに近いアプローチがされており、スケールの大きさを見せつけてくれます。初期カーペンターズは、結構暗い曲が多く、それが、摩訶不思議な世界を構築していました。

続きを読む

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村